庭いじりの楽しみ|芝生の手入れは定期的に

このエントリーをはてなブックマークに追加

夏場の草刈り

草

草木は夏になると急激に成長します。太陽の直射日光が強い時期であり、水さえあればほったらかしにしていてもぐんぐんと成長していくからです。そして、当然のことながら芝生もぐんぐんと成長し、放ったらかしにしていると非常にみっともないので草刈りはきちんと行いましょう。この時、定期的に草刈りをするのと、伸びてから一気に草刈りを行うのとでは、実は前者のほうが作業時間が少ないということをご存知でしょうか。たしかに毎回草刈りを行っているので手間がかかるように思えますが、その分作業量が少なく、処分する草の量も少ないのでトータルでみると前者の方が結果的に作業時間は少ないのです。
夏場で草刈りを行う時は、まず入念な準備をする必要があります。特に直射日光対策は重要であり、長時間対策もせずに直射日光に当たり続けていると熱中症になり命の危険があります。そのため、帽子をかぶり太陽光を防ぎましょう。他にも、長ズボンや長袖の服を着て太陽光を防ぐのも重要です。また、伸び切った芝生は蚊が飛んでいることが多いので虫刺され対策にもなります。
そして、草刈りを行う上で重要なのは規則正しい作業と休憩です。きちんと休息を取って定期的に体を冷やし、水分を取るのは熱中症予防に最適であり、無理して一気に作業をすすめると、作業後に熱中症をおこし、体を治すのに長い時間がかかってしまいます。そのため、体力を過信せず、定期的に休憩を取り、余裕を持った草刈りを行いましょう。
また、自分自身で作業を行うことのほかに、プロの業者に任せるといった手段もあるので、高齢の方などは業者を頼ることも考えるといいでしょう。