庭いじりの楽しみ|芝生の手入れは定期的に

このエントリーをはてなブックマークに追加

伐採による間引き

木材

山の木々や植物を育てるために行う伐採作業を、間伐といいます。森や山の木々は、成長すればするほど廻りの背の低い木々や植物の成長を阻害することが多いです。その理由は、太陽光を遮蔽するからです。大きく成長した木は枝葉を広げ太陽光を遮ってしまうため、付近の木々や植物は成長が止まってしまい、成長したとしても木が細くなってしまいます。また、根っこも成長しなくなるので根の位置が浅くなってしまい、抜けやすくなってしまいます。そうなると、雨が降って地面がぬかるむと同時に木々は倒れやすくなり、土砂崩れを防ぐことも出来ないばかりか、逆に木も一緒に流されてしまいます。そうなると、倒れた木が人家に衝突する可能性もあり、最悪の事態が起きることも考えられます。そのため、干ばつによって木を適度に間引き、木を均等に大きく育てる必要があります。
伐採作業は個人で行う場合限度があります。そのため、基本的には伐採作業は業者に依頼して間伐を行ってもらうことになります。どの木を伐採するのか、どうすれば良い結果になるか、そういったこともきちんと調査して行ってくれるので、効率も手間も結果も全てにおいて個人での作業よりも好ましい結果を得ることができます。なお、業者は大規模な範囲での伐採を行うか、小規模な伐採を行うかで依頼する業者は大きく変わります。前者の場合は建設業者や林業従事者に依頼することになり、後者の場合は庭師や植木屋などの業者になります。